webmanager 利用方法
【メール送信時の、SMTP認証 と サブミッションポート の対応に関して】
当レンタルサーバーでは、メール送信に関して、SMTP認証 を実施いたしています。付きましては、ご利用のローカルPCのメールソフト(OutLookExpress 等)の設定を、 下記のように設定してください。
1) ご契約のプロバイダーが、OutBoundPort 25 Blocking を未だ実施していない 場合。
1.SMTP 認証の設定 のみ、設定してください。
※従来のプロバイダーの運用は、こちらに該当します。
2) ご契約のプロバイダーが、OutBoundPort 25 Blocking を既に実施している 場合は。
1.SMTP 認証の設定 と 2.サブミッションポート 587 の設定 の両方の設定を行ってください。
※最近のプロバイダーの運用は、大体、こちらを実施しています。
1.SMTP 認証の設定
SMTP認証の場合の、PCのメールソフト(Outlook Express)の設定方法を説明します。
>サーバー上で、既に設定されている内容
電子メールアドレス info@happy.com
送信・受信メール サーバー happy.com
(実際のお客様のドメインに置き換えて下さい。
happy.com → xxxx.com)
受信メールサーバー アカウント名 info.happy.com
パスワード XXXXXX (WebManager により割り当て)


>設定手順
Outlook Express を起動して、ツール→インターネットアカウント→メールタグ→対象のメールアカウントを選んで→右のプロパティボタンをクリック→サーバータグをクリック すると下記画面になります。
以降は、下図の@〜Dの設定を行います。

@の ”□このサーバーは認証が必要(V)” をチェックします。
Aの "設定" ボタンが有効になるので、それをクリックすると、”送信メールサーバー”の設定画面が表示されます。
Bの ”◎受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)” をクリック
Cの "OK"ボタンをクリックして、”送信メールサーバー”のメニューを閉じます。
Dの ”OK” ボタンを最後にクリックします。
2.サブミッションポート 587 の設定
1.ご利用のプロバイダーが、OutBound Port 25 Blockinng を実施している場合は、 送信メール(SMTP)の 25番ポートに替えて、SubMissionPort 587 を使用します。その場合の設定方法を説明します。
上記 1.SMTP認証の設定 の @〜Cの設定に続いて、下記設定を行います。
詳細設定メニューに移行して
    Eの値を 25 → 587 に変更します。
    Fの ”OK”ボタンをクリックして終了します。
利用方法の ページに戻る。